≪ 重要 ≫

 

 株式会社を設立してから、

 一度も登記をしていない人は

 すぐに確認して下さい!

 

平成18年の会社法改正により、取締役の任期は最長10年まで可能となり、社長お一人の会社などは、定款を作った際に、任期を10年とされた方も多いと思います。その場合は、役員就任から10年を経過すると、同じ方がそのまま取締役であっても、今後も同じですよという、登記をしなければなりません。

 

最近、飛び込みでご相談を受けた中に、何件か10年の登記をしていないケースがありました。

 

そのため、設立から決算期を確認のうえ、議事録をもって手続きをして頂きました。

 

任期が2年であれ、10年であれ、満了の登記をわすれていると、懈怠・過料(罰金)となってしまいます。

 

うちは大丈夫?と思われた方は、一度ご相談下さい。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

単に役員変更といっても、表現に

違いがあります。

 

「就任」… 新たに役員になるとき

 

「重任」… 既に役員になっている人が

      任期満了後も引き続き同じ

      役員でいるとき

 

「退任」… 任期満了で、役員を終えるとき

 

「辞任」… 任期の途中で、役員を辞めるとき

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

謄本や定款も見方がわかると、案外おもしろいです。

一度、お手元の謄本等をご覧頂き、役員の住所が

変わっていたり、結婚して苗字が変わっていたなどと

いうことがないか、この機にご確認下さい。

 

議事録等の書類作成について、一度ご相談下さい。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※